京町家の活用事例

Vol.1 京町家に移り住んできた生川さん

Vol.1 京町家に移り住んできた生川さん

現在では貴重な「台桧(たいひ)」が多く使われていました

生川邸は,表屋造の商家型京町家ではありません。専用通路の先,ちょっと奥まったところに,静かにたたずんでいます。京町家に住もうと物件を探しはじめ,最初に紹介をされた2 つの物件のうちの1 軒だったそうです。

約30 年もの間空き家だったそうで,荷物がたくさん詰まっていて埃・泥・カビだらけだったそうですが,構造・造りはしっかりしていて,建物の傾きもほぼなく,大切に使われてきた良い建物であると,町家大工の棟梁のお墨付きをいただいて,家族を説得することができたそうです。

改修のポイント

通り庭を活かしたキッチン・ダイニング

町家にとって庭は,内と外の空間をつなぐ大切な要素

所有者が何回か変わっていることもあり,敷地ぎりぎりに増築されている箇所などもあったため,基本的には減築,本来の姿に戻すことを意識して改修されています。
構造上の柱は残し,劣化している部分には確実な対策を施しながらも,古い姿に戻すことにこだわるのではなく,これまで受け継がれてきた建物の価値に配慮しながら,「この建物にとって今やるべき改修・今できる改修は今やっておく」ことで,この先の100 年持つように,次につなげることができるよう,改修に取り組まれています。通り庭部分はタイル貼りの土間のキッチンダイニングスペースとするなど,現在の暮らしの快適性,価値観にも配慮されています。

工夫された木製の断熱建具と床暖による寒さ対策,奥の様子が見え,光を取り込むことができる木格子耐力壁を使った耐震改修など,生川邸では,快適な京町家暮らしのために,様々な実験的な取組もされています。

町家の魅力

木格子耐力壁により耐震性を向上させています

建築士である生川さん自身が,住まいとして選ぶほど,京町家に魅力を感じておられるとのこと。4 月,5 月は最高に気持ちが良いのだそう。また,夏には建具替えをするなど,四季の移ろいを楽しむことができる豊かさも,京町家ならではのプラスの評価・魅力となっているようです。

京町家暮らしの心得

隙間を減らし,断熱性を高めた木製建具

町家についての考え方は,人それぞれ。保存にこだわる人も,暮らしに合わせて変えていく人も,正解も間違いもない。だからこそ家主は考えていかないといけない,また,自分たちにとってだけでなく,他の人やまちにどう影響するのかを考える必要がある,とおしゃっておられました。

「普請(ふしん)」という言葉は,元々「社会貢献する」という意味合いがあります。建物を建てたり,修繕したりする機会はまちに関わる機会でもあります。購入し所有はしているお住まいではありますが,建物の長い歴史のうえでは「借りもの」であり,次世代に受け継いでいくことを意識しておられました。